世界では多くのロックバンドが活躍していますが、
その中でも特に代表的で、その後の多くのバンドに
影響を与えた世界三大ロックバンドと呼ばれる存在があります。

ザ・ビートルズ

ザ・ビートルズは世界でも最も有名で影響力のあるバンドで、
現在も多くの人から支持を得ています。

イギリスのリヴァプール出身のロックバンドで活動時期は1957年から1970年です。

1962年にイギリスでデビュー曲を発表し、
2作目の「「プリーズ・プリーズ・ミー」の
ヒットで一躍人気バンドとなりました。

1966年には唯一の日本公演を行っており、
日本航空の法被姿のメンバーの姿も話題となりました。

1970年にはポール・マッカートニーが脱退し、事実上の解散となっています。

1980年にはジョン・レノンが自宅前で射殺され、世界に大きな衝撃を与えました。

ザ・ローリング・ストーンズ

ザ・ローリング・ストーンズも世界最も愛されているロックバンドのひとつです。

1962年にイギリス・ロンドンで結成されたバンドで、
当初はミック・ジャガー、キース・リチャードら4名でしたが、
その後チャーリー・ワッツとビル・ワイマンが参加しています。

1963年にデビューシングル「カム・オン」がリリースされ、
その後はファーストアルバムのリリースも行われましたが、
意外なことに大半がカバー曲でした。

1965年にはセカンドアルバムがリリースされ、チャートの1位を獲得しています。

バンドの代表曲でもあるサティスファクションは
1965年に全米で4週連続1位となっています。

現在も活動を続け、2014年には来日公演も果たしました。

レッド・ツェッペリン

レッド・ツェッペリンはイギリスロンドンで結成されたバンドで、
活動時期は1968年~1980年です。

ハードロックバンドとして有名な存在ですが、
アコースティックの楽曲も多く幅広い
音楽性を持つバンドとしても知られています。

70年代最高のバンドとも言われており、
1995年にはロックの殿堂入りを果たしています。

1969年に発表したセカンドアルバムは英米ともに7週連続1位の快挙となりました。

1980年にはドラムのジョン・ボーナムが事故死し解散を発表しました。

1982年には彼への追悼アルバムも発表しています。