ロックは基本的にブルースやジャズのアレンジのひとつであり、
形態も多岐にわたっています。

ロックというひとつのジャンルの中にも、
細分化されたたくさんのカテゴリーがあります。

一般的にブルース・ロックと呼ばれるジャンルの基本スタイルは、
三大ギタリストをもって嚆矢とされています。

三大ギタリストは60年代にデビューしたのち、
様々なジャンルの原型を作り上げました。

エリック・クラプトンは延々と続くフリースタイルの
ブルースのアドリブを最も早い時期から行っていました。

ジェフ・ベックは様々な楽曲の中で、
千変万化するカラフルな演奏をちりばめ、
ロック的なアプローチでフュージョンを演奏しました。

世界的に有名なロックバンドの創始者であるジミー・ペイジは、
ギターの演奏だけでなく作曲やアレンジなど多方面にわたる才能を発揮させています。

三人には様々な共通点があり、年代や出身地のほかにも
出身が同じグループであったことが彼らの存在を伝説的なものにしました。

世界三大ギタリストと呼ばれる三人の功績は、
その後の活躍や実績で証明されており、
世代を問わず多くのギタリストに影響を与えています。

多少の浮き沈みはあるものの、キャリアの中での彼らは安定したヒット作を生み出し、
現在も精力的にツアーやアルバム制作などを行い、創造力が衰えることがないようです。

エリック・クラプトン

ブルースの伝道者と呼ばれるエリック・クラプトンは、
独自のスタイルでブルースの名演を再現し、
幅広い年代層に支持されています。

ジェフ・ベック

三大ギタリストの中でもテクニック的にほかの二人と一線を画すジェフ・ベックは、
現在ではより表現力を増したフィンガーピッキングを中心に、
独自のスタイルを確立しました。

ジミー・ペイジ

ほかの二人と比較すると露出の少なくなったジミー・ペイジは
ハードロック・ギタリストの創始者として、
演奏する機会のなくなった現在でも、
世代を超えた支持を受けています。

伝説ではなく、現役で現在も活動している三大ギタリストこそ、
ロック・ミュージシャンの理想の姿です。