笑うという感情は色々なことを良い方向に導いてくれます。

人間関係やコミュニケーションにおいても笑うことは非常に大切です。

相手に良い印象を与えるには笑顔で話すのが一番であり、
もっと会話を楽しみたいという気分になります。

人間関係やコミュニケーションに好影響を
与えるのはもちろんですが、笑うことにはストレス解消効果もあります。

笑っていると嫌なことや悩みなんてどうでも良くなることがあると思います。

この時間が非常に大切で、この時間がたくさんあれば
ストレスを溜め込まない生活を送ることができるようになります。

ストレスから解放された生活を送っていると病気に掛かりにくいですし、
老化防止にもつながります。

ストレスは人間に悪影響を及ぼすので、
なるべく避けて生活したいです。

万が一ストレスを溜め込んでしまったときは、
好きなお笑い芸人さんの漫才やコントを見て忘れるのが一番です。

最近はトーク番組やラジオでもお笑い芸人さんが
活躍しているので、そういったものを楽しむのも良い方法です。

日本ではあまり馴染みがないかもしれませんが、
世界には世界三大喜劇王という人がいます。

チャールズ・チャップリン

バスター・キートン

ハロルド・ロイド

の三人です。

日本人の感性ではあまり面白いと感じることは
できないかもしれませんが、喜劇では身近なものをテーマにしたり、
戦争や貧困、様々な争いなどを取り上げて笑いを取ります。

日本人は会話や掛け合いの中から笑いを生み出すので、
そこが海外と日本の一番の違いです。

チャールズ・チャップリンは世界で最も影響力がある喜劇王と呼ばれているので、
彼の作品は興味がない人でも一度は見てみることをお勧めします。

一度見て何も感じなくても、数回見たり、
年を重ねて再び見ると違う感情を抱くと思います。

学生時代に見たことがある人は社会人になったときに
もう一度見てみると感じ方が変わっているはずです。

作品はたくさんあるので、有名なもの以外も見てみると良いです。