世界には、いくつもの高級な時計があります。

しかしその中でも、最もポピュラーな3つである

「ヴァシュロン・コンスタンタン」と
「オーデマ・ピゲ」それに
「パテック・フィリップ」は、
世界3大高級時計メーカーと呼ばれています。

ヴァシュロン・コンスタンタン

「ヴァシュロン・コンスタンタン」は、
スイスのジュネーブに拠点を持つ時計メーカーです。

日本においては、バセロン・コンスタンチンと呼ばれていることもあります。

1755年にジャン=マルク・ヴァシュロンによって創業されました。

複雑な機械式時計や、たくさんの宝石を使用した宝飾時計も扱っています。

世界で最も歴史が古いメーカーでもあります。

エジプト王への贈呈品の時計や118個の
ダイヤを使った高級時計を制作したことでも知られるほか、
ダイアナ妃のために設計した時計があることでも有名です。

現在ではスイスの企業グループ・リシュモンの傘下になっています。

オーデマ・ピゲ

世界3大高級時計メーカーに数えらえる「オーデマ・ピゲ」も、
スイスの時計と宝飾品メーカーです。

1875年にジュール=ルイ・オーデマとエドワール=オーギュスト・ピゲに
よって設立された会社です。

その後、次第に複雑な機構を持つ高級時計メーカーとして成長していきました。
代表的な時計には、1972年に発売された。

スポーツウォッチのロイヤルオークと呼ばれるモデルがあります。

ステンレス製の高級時計は当時としては珍しく評判となりました。

その後クロノグラフ機能を持つタイプや、
耐磁・防水性能の高いモデルなども手掛け人気を集めています。
もう1つの世界3大高級時計メーカーである

パテック・フィリップ

「パテック・フィリップ」もまた、スイスの高級時計メーカーです。
1839年創業の会社で、アントニ・パテックとフランチシェック・チャペックという
2人のポーランド人が立ち上げました。

この時計メーカーの製品は、カルティエやティファニーに
納入されていたこともあります。

ヴィクトリア女王やエリーザベト王妃・アインシュタインなども
購入していたメーカーです。