クラシック音楽で注目されることが多いのは作曲家ですが、
指揮者も非常に重要な役割を果たしています。

アルトゥーロ・トスカニーニ

世界三大指揮者の一人は、イタリア出身のアルトゥーロ・トスカニーニです。

スカラ座をはじめ、メトロポリタンなどで音楽監督を歴任していました。

20世紀前半の指揮者の中でもとりわけ有名です。

アルトゥーロ・トスカニーニはロマン主義のスタイルから脱却して、
新即物主義に分類されています。

テンポは速いものの正確で、アンサンブルは統一されているのが特徴です。

オーケストレーションを部分的に改編するようなところもありました。
得意な音楽はベートーヴェンとブラームスといったドイツ人の音楽です。

一方でチャイコフスキーも得意でした。
マーラーやブルックナーはほとんど手がけなかったそうです。

ヴィルヘルムフルトヴェングラー

次に有名なのはヴィルヘルムフルトヴェングラーです。

ヴィルヘルムフルトヴェングラーは
トスカニーニとライバル関係にあった指揮者です。
対極に位置づけられることも少なくありません。

トスカニーニと同じくベートーヴェンやブラームスや
ワーグナーなどのドイツ音楽が得意です。

しかしドイツのロマン派のスタイルを引き継いでいたので、
トスカニーニとは正反対と言えます。

ヴィルヘルムフルトヴェングラーは自身を指揮者とは思っておらず、
作曲家であるとみなしていました。

実際にブルックナーに匹敵するほど規模が大きい作品を残しています。

3つの交響曲と交響的協奏曲とピアノ五重奏曲など、
一時間以上も演奏に費やすのが印象的です。

一時期は伴奏ピアニストとして活躍していた頃があって、多才な人物でした。

ブルーノ・ワルター

三人目はブルーノ・ワルターですが、他の二人とは違って
マーラーやモーツァルトを得意としていた指揮者です。

マーラーはハンブルク歌劇場で音楽監督をしていたことがあり、
その際に認められてブルーノ・ワルターと親交が深まっていきました。

マーラーの弟子と言われることもありますが、
実際に指揮を学んだわけではありません。