世界三大テノールとは、ホセ・カレーラスやプラシド・ドミンゴ、
ルチアーノ・パヴァロッティの三人を意味します。

三人でコンサートを行った際使用した、
THETHREETENORSから名付けられました。

三人で行った最初のコンサートは、1990年のFIFA
ワールドカップイタリア大会の前夜祭です。

ホセ・カレーラス

前夜祭は、白血病から快復したカレーラスが、
白血病の研究のため設立した財団への寄付を目的に計画しました。

前夜祭がきっかけとなり、三人はワールドカップに合わせて
開催地でコンサートを開くようになります。

前夜祭を計画したカレーラスはスペイン生まれのテノール歌手で、
8歳でスペイン国立放送に出演し、リセウ音楽院で学びます。

音楽院で学んだ後リセウ劇場でノルマのフラヴィオ役でデビューし、
1975年には仮面舞踏会のリカルド役でミラノスカラ座でデビューします。

カレーラスの魅力は情熱的で懸命な歌唱で、声質は軽やかなリリコですが、
重いスピントの情熱的な歌唱にも挑戦し評価を得ています。

プラシド・ドミンゴ

声質が甘くドラマチックな表現が魅力のプラシド・ドミンゴは
スペインのマドリード生まれで、1955年にメキシコシティの
国立音楽院に入学します。

1959年にメキシコ国立歌劇場でテノール歌手としてデビューし、
1968年にはメトロポリタン歌劇場でフランコ・コレッリの
代役としてデビューし成功を収めます。

1971年にはロンドンのロイヤルオペラハウスでデビューし高い評価を得ました。

高い評価を得ているのはルチアーノ・パヴァロッティで、
神に祝福された声やキング・オブ・ハイCと呼ばれるほどの高い技術を持っています。

ルチアーノ・パヴァロッティ

パヴァロッティはイタリアに生まれ、
1954年にアリゴ・ポーラに師事し本格的に声楽を学びます。

1961年にレッジョ・エミーリアの声楽コンクールで優勝し、
4月にラ・ボエームでデビューしました。

1972年に、メトロポリタン歌劇場で連隊の娘にトニオ役として出演しますが、
アリアでハイCを9回歌い名声を確立します。

名声を確立し活躍しますが2007年に死去し、
三大テノールとしての活動は終わりを迎えました。