「シャドーイング」とは英語の勉強方法のひとつで、
聞こえてくる練習用の英語の音声を少し遅らせて、
そっくりそのまま口に出すトレーニングのことをいいます。

似たトレーニング方法にオーバーラッピングがありますが、
こちらは練習用の音声の口調やスピードをそのまま模倣するのに足して、
「シャドーイング」はその名の通り影のようにゆっくりとした口調で
模倣するのが特徴です。

意味合いを聞きとりながら話すという訓練を行うため、
より実践的な英会話を理解しやすくなるというメリットがあります。

そのため本格的な英語力をつけたいと思っている方におすすめです。

「シャドーイング 」では聞き取ってから話すという行為を繰り返すため、
聞き取れない箇所が明確に判ることからリスニング力を上げることができます。

理解できていない言葉は口にしにくいため、
単語の意味を理解できているかなど上達に
必要な力や聞き取る力を上げることが可能です。

英語ではリンキングといった音と音をつなげて発声する省略音がありますが、
ゆっくりと声に出すことでどこが省略音であったかに気が付きやすくなるのも魅力です。

発声をゆったりとおこなうことで、
イントネーション力も身に着けることができます。

イヤホンやヘッドホンを使い、通勤・通学中の電車の中などで、
頭の中で復唱する感覚でやるのも良いでしょう。

「シャドーイング 」はリスニング力や発音、
イントネーションや表現力など英会話に必要な様々な
スキルを総合的に身に着けることが出来ます。

英語の音と自分の音が合わさってしまう事で声に出す方法が難しいと感じた時には、
ノートなどに書きだす方法もありますので参考にしてみて下さい。

ポイントとしては上手くできなかった場合でもとりあえず、
最後までやってみることです。

最初のうちはスペルや文法、発音などにこだわらず最初のうちは
カタカナでも良いので書きだしてみるのも良いでしょう。

英語の音やスピードに慣れることが目的ですので、
1度に長時間行うよりも短い単語を毎日行うことがおすすめです。