タイヤメーカーは国内外に多くの大手企業が存在しています。

中小企業でも安さを売りにしたり、
経済性を重視などの特徴的な
タイヤを供給しているところもあります。

そんな中、世界三大タイヤメーカーと言えば、
ミシュラン・ブリヂストン・グッドイヤーがあげられます。

ミシュラン

ミシュランは1880年に設立された歴史あるフランスのメーカーです。

このメーカーのタイヤの特徴は高品質であることです。

この品質はテストにこだわり、何度もテストを繰り返した賜物と言えます。

性能バランスが良く、安定性がとても高いことも特徴です。

摩擦にも強いため耐久性が高く、長期間使用できます。

環境にも優しいタイヤを供給しています。

ブリヂストン

ブリヂストンは世界最大のシェアを誇る日本のメーカーです。

タイヤ工場だけでも世界中に事業拠点をもち、
原材料工場や多角化製品工場なども多数保有しています。

ブリヂストンのタイヤ作りは、直進安定性・ドライ性能・
ウェット性能・低燃費性能・ライフ性能・静粛性・
乗り心地の7つの性能が重視されています。

性能バランスに優れているため、
多くの自動車の標準装着タイヤとして採用されているのです。

タイヤ選びに困ったら、ブリヂストンを
選択しておくと良いと考える方も少なくありません。

グッドイヤー

グッドイヤーはアメリカのタイヤメーカーであると
同時に世界最大のゴム会社でもあります。

モータースポーツのタイヤ供給を独占していた時期もあり
昔からのモータースポーツファンには外せないメーカーの一つです。

このメーカーのタイヤの特徴は耐久性や燃費性能に優れていることです。

アメリカの広大な土地での使用を想定してのことだと考えられます。

また、綿密な計算で作成された溝模様により静粛性も高く、
安定感もあるスムーズな乗り心地を実現しています。

コストパフォーマンスが高いことでも評判が良いです。

この世界三大タイヤメーカーが供給するタイヤは、
どれも安心して購入することができます。

そして、今後も更なる性能の向上が期待できるのです。