ゼネラル・エレクトリック・アビエーション

ゼネラル・エレクトリック・アビエーションは、
アメリカ合衆国オハイオ州エバンデールに本社を置く
世界最大の航空機エンジンメーカーであり、
小型機市場ではF-1参戦で知られる本田技研工業と合同出資で
ゼネラル・エレクトリック・ホンダ・エアロ・エンジンLLCを
運営している企業です。

ゼネラル・エレクトリックは、大型機市場では世界三大航空機用エンジンメーカーの
一角をなすユナイテッド・テクノロジーズのプラット・アンド・ホイットニーと
合同出資によるエンジン・アライアンスLLCを設立し、
同じく世界三大航空機用エンジンメーカーの一角をなすロールス・ロイスと競合しています。

プラット・アンド・ホイットニー

プラット・アンド・ホイットニーは、
アメリカ合衆国コネチカット州ハートフォードに本部を置く
多国籍の複合企業ユナイテッド・テクノロジーの傘下企業であり、
世界第3位のシェアを有する航空機用エンジンメーカーです。

プラット・アンド・ホイットニーは、世界最大の旅客機とされる
「エアバスA380」や1,000機以上を販売している大型ワイドボディの
双発ジェット旅客機「ボーイング777」などに航空機用エンジンを提供しています。

また、近年ではフェライト磁性体を採用している
ステルス戦闘機F22に「F119」を供給しており、
F119はアフターバーナー使用時に35,000ポンドの推力を発生させています。

ロールス・ロイス

ロールス・ロイスの航空機用エンジンは、
ドイツのダイムラーから没収した最新型のGP用レーシングエンジンに
採用されていた「シングル・オーバー・ヘッド・カム」を
航空機用エンジンへの転用をイギリス軍に持ちかけられたことに始まり、
現在では世界第2位のシェアを占める航空機用エンジンメーカーです

日本国内には、「Trent1000型」を搭載したボーイング787型機や
「Trent900型」を搭載したエアバスA380が納入予定ですが、
「Trent1000」は不具合が発生し大きな問題となり信頼性面で信用度が低下しています。