【世界三大あれこれ】

世界三大長寿地域

投稿日:

長生きの秘訣はたくさんありますが、
よく言われるのが食事です。
長生きの方は意外とお肉好きが多く、
ステーキなどを好んで食べているという話をよく聞きます。
お肉にはたんぱく質が豊富に含まれていて、
このたんぱく質が長生きの秘訣になっているかもしれないです。
たんぱく質は筋肉を作る上で欠かせない栄養素で、
爪や髪、肌の代謝にも深く関わってます。
非常に重要な栄養素であるのにも関わらず、
ほとんどの日本人はこのたんぱく質が不足してます。
肉や魚、大豆などのたんぱく質は体に良いので、
積極的に摂取した方が良いです。
長寿の秘訣は温暖な気候という説もあります。
温暖で過ごしやすい気候だとストレスを感じにくいですし、
幸福度が増す傾向があります。気分も開放的になり、
リラックスした時間を過ごすことができます。
笑うことが寿命をのばすというデータもあります。
笑顔が多い人は長生きする傾向があるので、
なるべく笑顔でいられるように心掛けた方が良いです。
世界には寿命が長い世界三大長寿地域というものがあります。
世界三大長寿地域として挙げられているのがビルカバンバ(南エクアドル)、
フンザ(西パキスタン)、コーカサス地方(旧ソ連)です。

ビルカバンバ

ビルカバンバ(南エクアドル)は時間の流れがゆっくりで
のんびりとした生活を送っている地域です。100歳を超えるのは当たり前で、
120歳に達している人がたくさんいるという噂もあります。
年齢を確かめる手段がないので正確なデータではないですが、
実際に長生きの人が多いのは証明されてます。

フンザ

フンザ(西パキスタン)は山の中にある地域で、
ワインを飲む人が多いのが特徴です。
ワインはポリフェノールが豊富で、
健康に良いというデータがあるので、
これが影響しているかもしれません。

コーカサス地方

コーカサス地方(旧ソ連)も山が多く、
のんびりとした生活をしている人が多いです。
世界三大長寿地域に共通しているのは、
時間の流れがゆっくりしているという点です。

-【世界三大あれこれ】

Copyright© 世界旅行と世界言語のかいけつ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.