シャドーイングは、必ず綺麗に実践しなくてはいけないものではありません。

できない状態であっても、続けて発声していくことに意味がありますので、
完璧な発音をする必要はないということを理解しておく必要があります。

一般的に、英語の初心者にとって問題になるのは、
英語を発音することができないのではなく、
聞き分けることができないという問題があることです。

シャドーイングは、続けざまに英語の発声を
していくことになりますが、こういったことを行うのも
ネイティブの正しい発音を学ぶために行うという意味が存在します。

そのため、現状でできなくても将来的にできるようになれば
問題ありませんので、まずはネイティブの後について発音することが大切です。

コツとしては、ネイティブが発声をした後にすぐについていくようにすることです。

基本的に、言語というのは聞き取れないと
発音することもできないものと考えられています。

日本語的なニュアンスと英語的なニュアンスは全く意味が違いますので、
実際にシャドーイングをすると途中からできなくなってしまうこともあります。

しかし、これは言語間のニュアンスが異なるので当たり前です。

真似て発音をしていくことによって、
このような違和感を解消していくことができますので、
できなくても真似ることが非常に大切になります。

また、シャドーイングをするときには内容を完全に理解しておく必要はありません。

英語の訳文を知らなくても、発音を聞き分けることが大切ですので
それさえわかれば英訳の力は後からついてきます。

実際に、ネイティブの発音を聞き分けてシャドーイングができるようになると、
自然と英語の発音を自分でもできるようになります。

ポイントは、何度も同じことを繰り返して慣れることです、
英語的なニュアンスを理解しながら繰り返していくと、
日本語とは違った発音なのだということが理解できるようになります。

ですから、すぐにシャドーイングができなくても問題ありません。