元来、同時通訳者がトレーニングを行う際の
トレーニング方法として認知されてきましたが、
スピーキングやリスニングの能力が高められるとして、
今日では1つの英語学習法という形で広く一般的に
なっているのがシャドーイングです。

シャドーイングとは耳から聞こえてくる英語を
真似するように発音していく英語学習法であり、
一見すると英文を一通り耳にした後で繰り返す
リピートと同一であるように見受けられますが、
リピートと異なるのは聞き終える前に話始める様子です。

まるで影の如く追いかけるようにして英文を
真似て話し始める様子からシャドーイングという意味が
付けられているのですが、すぐに後を追って話し始める事により、
聞く事と発音する事の双方を同時に行う必要性に迫られるため、
英語のスキルが飛躍的に向上します。

しかも、一度一文を聞き終えてから話し始めるのではなく、
すぐにシャドーイングをすると直前に聞こえてきた英語の
イントネーションやリズムなどを忘れずに再現できるようになるので、
ネイティブスピーカーならではの英会話が習得できます。

そこで、シャドーイングを行う際に意識すべき
ポイントとして挙げられるのが、耳に入ってくる英文と同一の
発音とスピードでお話するという事を繰り返し行う様子です。

非常に高い集中力が求められますが、繰り返し行っていると
ネイティブスピーカーが発する発音やスピードに耳が慣れるため、
これまでは聞き取れなかった英単語が聞き取れるようになります。

そしてスピーキングに関しては、リズムやイントネーションと共に
ネイティブスピーカー特有の区切り方についても意識を向けながら
シャドーイングをしていくと、英語圏の方にも聞き取って頂きやすい
英会話が身につきます。

さらに、シャドーイングをする時には囁くような小さな声で取り組むのではなく、
実際に目の前に相手が居る様子で声を出したりスピーチをしている
イメージで発声するとより一層高い効果が得られますし、
自身のシャドーイングを録音し聞き直してみるのも尚良いです。