英語をトレーニングする際に使われるシャドーイングですが、

このシャドーイングとはどういったトレーニング方法なのでしょうか。

簡単に言えば聞き取った英語をそのままオーム返しする方法です。

英語の音声を聞いたら、数秒後に自分自身でその英語音声を
発するといったトレーニング方法のことをシャドーイングと呼びます。

英語の発音やイントネーションなどをそのまま真似て音読していくようなものです。

聞き取る際には英単語や英語の文章などの意味を考える必要はなく、
ただ単に聞き取ったものをそのまま真似るだけとなります。

その際に聞き取ったら、数秒後には自分自身の声で発声することが
このシャドーイングのポイントになってきます。

このシャドーイングの主なメリットは、2つあります。

1つ目のメリットは、英語のリスニングの力を身に付けることができる点です。

生の英語の音声を自分自身の耳で聞くことによって、
英語を自分自身の耳に鳴らしていくことができます。

日本人の多くが英語のリスニングを学習する際には英語の音声を聞き取った後に、
それを日本式の発音に一旦頭の中で考えてから発音します。

これだと英語音声を直に取り入れることが難しくなります。

それをシャドーイングによって、
生の英語の音声をそのまま取り入れることができますので、
リスニングの力が身に付けられるようになるわけです。

2つ目のメリットは、反復することによってトレーニングの効果を高めることができる点です。

シャドーイングは、実際に聞いた英語の音声を自分自身の声に出して復唱することになります。

これは学習において効果的です。

何かを覚える際には人は繰り返して記憶に定着させます。

それをシャドーイングでも同じようにするわけです。

英語の音声を聞いたらすぐに声に出して反復します。

反復すると再び自分自身の耳で聞くことになりますので、
より記憶の定着を図ることができます。

以上がシャドーイングの概要となります。