1. TOP
  2. 日本のバックパック

日本のバックパック

01. 日本
この記事は約 2 分で読めます。 55 Views

今までバックパックやリュックサックなどのアイテムは、非常にカジュアル性が高く学生や社会人に向けたアイテムが多く、通学やレジャーなどで使いやすいカジュアルデザインのタイプをイメージする方が多いです。近年では大人でもファッションに取り入れやすいモード系やサロン系のトレンド重視のデザインの商品も登場しているなど、ファッションに取り入れやすいアイテムとしても注目されています。

バックパックというと、海外のスポーツブランドやアウトドアブランドの商品が定番とされてきましたが、最近ではデザイン性と高品質の高い日本のバックパックなどが登場しており、幅広い年齢層の方に支持されている特徴を持ちます。国内における帆布の約7割を生産する岡山県倉敷市にあるバックブランド「6SHIKI」では、糸から先染めした帆布生地を利用しているため色移りがしにくく、シャトル織機によって密度高く織り込まれていることから、使うことに生地が馴染んでいく仕上がりが非常に人気が高く、デザイン性も高いことから男女兼用で使用できるアイテムとして人気になっています。

鞄産業が有名な兵庫県豊岡で開発制作を行っている「アートフィアー」というバッグメーカーでは、アルミフレームのハードタイプのバックパックであるダレスバッグが有名です。手持ちやショルダー、リュックとして使用することが可能で、ドイツIFデザイン賞を獲得したこともあるなど、デザイン性の高さも特徴の1つです。耐衝撃性が高い事や適度にカチッとした仕上がりなので、パソコンから書類などを入れてビジネス用に使用する方も増えてきています。

国内のレジェンドデザイナーである山本耀司氏とadidasの共同ブランドである「Y-3」では、adidasのノウハウをしっかり取り入れたDAYPACKなどが機能性も高く人気があります。モード服に合わせやすいデザインは販売から長い時間が経っても人気が高く、多くのファンがイル特徴を持っています。

\ SNSでシェアしよう! /

海外旅行の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本の中古車

  • 日本の自動販売機

  • 日本のテーブル

  • 日本の文具

関連記事

  • 日本のストリートファッション

  • 日本の中古車

  • 日本のポケット無線LAN

  • 日本 北海道

  • 日本のファッションブランド

  • 日本 東京ディズニーランド