1. TOP
  2. 日本のデニム

日本のデニム

01. 日本
この記事は約 2 分で読めます。 64 Views

デニムなどのファッションアイテムは、もともとアメリカのファッションブランドから日本に伝わったこともあることから、主に海外メーカーの製品が主流だとイメージしている方は多いです。しかし近年ではハイクオリティでおしゃれな国産デニムが中毛されている傾向にあります。デニムはもともと炭鉱夫のワークウェアとして利用されていましたが、今ではカジュアルからモードまで幅広く愛されているファッションアイテムです。海外メーカーではリーバイスやリー、ラングラーなどが有名でしたが、最近では国産のデニムとして「ジャパンメイド」と呼ばれてブランド化している特徴を持っています。

国産デニムにおける産業は、広島県福山市や岡山県井原市、倉敷市で行われている特徴があり、江戸時代には三備と呼ばれていた地域で活発に行われています。もともと綿花の栽培が盛んであり、藍染が伝来したことにより織物産業が発達し、高品質な織物が伝統的に親しまれるようになったこともあり、染色と紡績、縫製の3つの要素が培われてデニムの高いクオリティにつながっているのです。

現在では日本のデニムは世界のファッショニスタから認知されており、倉敷のジーンズはGUCCIやLouis Vuitton、Diorなどのハイブランドとコラボレーションをするまでになっています。国産デニムの特徴であるふんわりとした立体感のある生地は、旧式の力織機を用いて生産されている特徴を持っています。生地の裏側に縫われたほつれ防止用のセルビッジが目印となるので、見分ける場合は注目してみることをおすすめします。

国内でも特に人気が高いデニムブランドが、「BLUE BLUE」などの国内の藍染技術を利用したウェアなどが人気ですし、「WHOOPER」は人気デザイナーであるウィリアム・クロール氏によるデザインが非常に高い支持を受けています。「RESOLUTE」は一切加工を施さないソリッドなルックスが魅力となっています。

\ SNSでシェアしよう! /

海外旅行の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本の中古車

  • 日本の自動販売機

  • 日本のテーブル

  • 日本の文具

関連記事

  • 日本 SIMカード

  • JAPAN Club:日本のクラブ

  • 日本のスキー

  • 日本のお土産

  • 日本のビザ

  • 国内格安航空券サイト