日本にお住まいの方であれば、健康な状態であるにも関わらず「マスク」を付けて出かけた経験をお持ちの方は多いのではないでしょうか。一方で、日本のマスク事情は、世界的に見たら非常に異様なものにうつると言われている点には注意が必要です。

確かに、毎年冬場のインフルエンザが流行している時期などには厚生労働省などをあげて国全体で「マスク」をつけることを推奨していることが多いです。風邪を予防する目的に満員電車や人ごみに出歩くときにはその存在が必須という方も多いことでしょう。しかしそのような場合に加えて、風邪でないときにも「マスク」を付ける人が近年増えつつあるのです。この事実は実際に街中に出向いてその姿に目を向けてみれば、多くの人がその事実を実感できるできることでしょう。そのような人の多くは、インフルエンザの流行や花粉対策の目的ではなく自分を見られたくないといった自尊心の強さや、自分の顔へのコンプレックス、あるいは化粧をしていないことを理由に「マスク」を日々しているのです。このような習慣は欧米諸国にはありません。それゆえに、このような異様な光景を世界的にその名が知られる新聞記事として特集を組まれたこともあるほどです。日本独特ともいえるこの「マスク文化」を日本において行使することは特に問題はないかもしれません。しかし、その文化を異様と感じる人々がいるということは忘れてはいけないと言えるでしょう。特に海外に出向いた際に「マスク」をして出向くことはおすすめできません。これは、基本的に「マスク」を着用して出かけるということをあり得ないと感じられてしまうこともあるためです。これら国では重病者が病院においてのみ着用するというのが一般的な感覚です。実際に、日本においてその着用が一般的になったのは非常に最近と言えます。インフルエンザや風邪、花粉の予防は大切ですがその扱われ方を理解して使用するのがおすすめです。