1. TOP
  2. 日本のはしご

日本のはしご

01. 日本
この記事は約 2 分で読めます。 2 Views

日本には様々な種類のはしごがあります。もともと、日本のはしごができた理由は、高いところに登りたいという願望があったからと言えるでしょう。そのような願望があったからこそ、高いところに登ろうと思ったわけです。最近は、金属性のものが多いですが、昔は竹で作っていたことも少なくありませんでした。竹の魅力は、なんといっても柔らかいことです。柔軟性に富んでおり、それでいながら頑丈なため非常に使い勝手がよいと言えるでしょう。ただ、作るとなるとそれなりの時間がかかってしまいますので、金額はそれほど安くありませんでした。

現在は、非常に安く販売されており通じ販売などで探せばいろいろな種類のものができます。多くの場合、仕事などで使うことが多いためある程度重さに耐えられるようにしてあるのがポイントです。頑丈なのは当たり前としても、最近は軽さを争うことが多くなりました。仕事をする場合でも、はしごを持ち歩くことをいため、その重さを可能なかぎり少なくするごとで工事作業員の負担にならないように考えているといえます。

はしごの長さもそれぞれですが、一般的には3mから4mのものが多い傾向にあります。住宅を考えると、2階建ての住宅の壁の付近までの高さがあれば十分なことが多く、おおむね3mぐらいがその高さといます。そのため、それ以上高くする必要もなく良く売れる長さになるといってもよいでしょう。

ある程度長さが長いものに関しては、伸縮自在になっていることがほとんどになります。伸縮自在にすることにより、持ち運びが楽なだけでなく保管場所にもそれほど手間がかかりません。特に、作業所などはなかなか十分な広さが確保できないことが多いです。仮に4mのはしごの長さが4mだとすれば、これ以上不便なものはありません。

ですが、縮小できるようにすることで、持ち運びと悪寒をすることがしやすくなりました。のように、単に上るだけのものではない点に大きな魅力があるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

世界三大 de 海外旅行の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

世界三大 de 海外旅行の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • シャドーイング 効果

  • 世界三大通貨

  • 不労所得 種類

  • シャドーイングとは

関連記事

  • 日本のスキー

  • 日本 SIMカード

  • 日本のデニム

  • 日本のはちまき

  • 日本 ウサギ島

  • 羽田 渋谷 バス