1. TOP
  2. 日本のテーブル

日本のテーブル

01. 日本
この記事は約 3 分で読めます。 33 Views

日本のテーブルの歴史は欧米に比べると長くないです。

戦後の日本でよく使われていた食卓は、円形の甲板に折りたたむことができる脚がついたものになります。

戦後の高度経済成長期に全盛だった折りたたみ式の食卓は1970代になると使われなくなり、代わってテーブルと椅子が使われるようになります。

一般家庭にテーブルが普及するようになったのは、1956年に集合住宅が供給されるようになってからです。

何人かでひとつの卓を囲み椅子に座って食事をするのが西洋の様式で、畳に座って食事をするのが昔の日本の様式になります。

テーブルは使用目的に応じて様々な形状や高さ、素材で作られます。

一般的に平面の甲板と脚で構成されています。

テーブルの甲板は自由にデザインできますが長方形や正方形、円形のものが多いです。

長いタイプになると追加の脚があるものも多いです。

細菌は甲板の高さを調節できる便利な製品も多くなっています。

日本で現在使われているテーブルは、大きく分けてダイニング用とリビング用に分かれます。

リビング用は素材も高級なものが多く、ダイニング用は機能性を重視して選ぶ人が多いです。

現存している最も古いテーブルはエジプトの第17王朝で使われていたもので、長方形の甲板を4つの脚で支えています。

中世になるとテーブルは大きくなり甲板と脚を分離できる構造に変化します。

ルネサンス時代になると貴族の館に食事専用のダイニングルームができるようになり、甲板も脚も固定されるようになります。

17世紀の甲板から住宅内の多くの部屋にテーブルが置かれるようになります。

製品の種類も増え、18世紀のフランスでは上流階級でコーヒーがはやると専用のコーヒーテーブルも誕生します。

19世紀になると、徐々に実用性と機能性が重要視されるようになります。

日本の食卓は100年の間にかなり変化しています。

昔は庶民の間で箱のようなお膳が使われていましたが、箱のふたは食事のときのお膳としても使うことができます。

狭い日本の家屋では、食卓も使いやすいようにデザインされています。

\ SNSでシェアしよう! /

海外旅行の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本の中古車

  • 日本の自動販売機

  • 日本のテーブル

  • 日本の文具

関連記事

  • 日本のスキー

  • 和食:行きたいお店 Japanese style foods

  • 日本の提灯

  • 日本 東京ディズニーランド

  • 日本のビザ

  • 日本の中古車