01. 日本

日本の文具

投稿日:

日本はモノづくりの国であり、優れた文房具が数多く販売されています。世界的にも日本の文具は大きな注目と評価を集めています。日本の文具の中でもひと際、良い評判を得ているのが鉛筆です。一見するとどれも同じ様に感じられる鉛筆ですが、想像以上に製造するメーカーによって品質に違いが出ます。日本の鉛筆メーカーは原材料にこだわっています。原材料である黒鉛の品質は書き心地を左右し、低品質のものだと紙に文字が定着し辛く、滑りも良くありません。

日本製の鉛筆は厳選した黒鉛を利用しており、滑らかな書き心地があり、紙に綺麗に描写が定着します。硬度が非常に豊富に用意されており、硬くて薄い芯もあれば、濃くて柔らかい芯の製品もあります。海外にも高品質な商品はありますが、軒並み値段が高めです。

日本の文具の素晴らしい点はリーズナブルな価格にも関わらず、プロの現場で通用する程、ハイクオリティーな点です。僅か数百円で販売されている商品でも、デッサンや製図やスケッチに使う事が出来ます。日本製の鉛筆は芯が折れづらく、実際に建築や創作や事務など多種多彩な現場で活躍しており、近年では海外のアーティストも挙って日本の文具を利用し始めています。

色鉛筆もまた国際的に評価される日本の文具です。発色が良く画用紙への定着が良く、芯が滑らかで扱いやすいです。豊富なカラーバリエーションが用意されており、画材として優れており、本格的な絵画やイラストの現場で重宝されています。青色の色鉛筆は漫画家やアニメーターの方々が、いわゆる下書きをする際によく利用なさっています。

日本の文具の中で、他に注目されているのが筆ペンです。まさに筆とペンを上手く合体させた文房具であり、それぞれのメリットがミックスされています。筆で文字やイラストを描写するのは大変で、準備もやや面倒です。筆ペンなら炭を用意する必要がなく、ペンの形になっているので持ちやすく、先端部は扱いやすい素材になっているので、筆では難しいタッチをつける事が素人でも容易です。

-01. 日本

Copyright© 世界旅行と世界言語のかいけつ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.