1. TOP
  2. 日本の市場

日本の市場

【使える情報】
この記事は約 2 分で読めます。 59 Views

日本のこれからの市場は活況に向かっていく可能性が高いと考えて良いかもしれません。その理由は世界が保護主義で閉鎖的になっている中で、日本は逆に市場開放をしているという事があるからです。当たり前の事ですが、市場を閉鎖すれば、当然モノが行き交わなくなりますから、活気は失われていく事になります。保護主義の問題点は、保護には限界があるので、ずっと守り続けるという事が出来ないのであれば、そのような事はすべきではないというところにあります。ずっと将来にわたって保護を続けられるというのであれば、これには意味があります。ですが、ほとんどの市場において、そのような事は出来ないでしょう。というのは、間違いなく自由経済の方が激しい競争原理が働くので、優れたサービスなり商品なりが登場するので、人々はそちらを選択するようになるという事があるからです。すると、ますます質で劣る自国のサービスを保護する必要が出てきて、更なる追加の保護が必要になるという事になります。当然、そのような事を続けることは出来なくなるでしょう。つまり、自由経済の厳しい競争原理に勝てることは殆どないというわけです。この事は、日本の国内でもいくらでも例を見ることが出来ます。

例えば、高校野球などはその良い例でしょう。甲子園を全ての高校球児が目指すのですが、手厚く保護された公立の高校は殆ど甲子園に出る事は出ません。地方大会であっという間に負けていきます。勝って甲子園に出てくるのは、厳しい競争に勝って出てくる私立の高校ばかりです。これは、公立高校の球児に問題があるというよりも、保護されて夕方の五時には帰らないといけないという高校生と、全寮制で夜中でも練習をしている厳しい競争の中にある高校球児との差だと考えていいでしょう。保護されても最終的には、肝心な試合というところでその保護は無くなって、五分の勝負をしなければならないという事になるわけですから、この保護主義では勝てないという事は当然の事です。

\ SNSでシェアしよう! /

海外旅行の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

海外旅行の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

admin

この人が書いた記事  記事一覧

  • 日本の中古車

  • 日本の自動販売機

  • 日本のテーブル

  • 日本の文具

関連記事

  • 日本のテレビ番組を海外でPCスマホで見る方法

  • ヘイマーケットホテル

  • 香港 携帯電話番号

  • WMA MP3 音声変換 WEBサービス

  • 映画 見放題 ネットサービスの検証